お探しの情報は?
うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践!
うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践! (JUGEMレビュー »)
日野原 重明,川島 みどり,丸川 征四郎
もうすぐブームになるでしょう
それだけ効果が高いです
今すぐできる体質改善の新常識
今すぐできる体質改善の新常識 (JUGEMレビュー »)
小山内 博, 高木 亜由子
たくさんの経験から導きだされた、新しい健康の方法が色々と紹介されています。
成人病の真実
成人病の真実 (JUGEMレビュー »)
近藤 誠
検査によって作り出される「病気もどき」に惑わされてはいけない。一般人は「成人病、イコール、節制や治療が必要」と思い込んではいないか。
医者に遠慮する患者は長生きできない──医者のかかり方、これだけは知りなさい!
医者に遠慮する患者は長生きできない──医者のかかり方、これだけは知りなさい! (JUGEMレビュー »)
中原 英臣
医者にどうすれば今の状態を分かってもらえるのか
テクニックがいっぱいです
 (JUGEMレビュー »)

現代医療の問題点を鋭く付いて
その対処法を提案しています
<< 花粉症はカゼの解決方法でなんとかなる | main | 鼻茸(はなたけ)が出来る >>
視力低下を何とかしたい



視力低下を何とかしたい

視力低下は様々な原因で起きますが
脳の能力が落ちることでも視力低下が起きます。

見えるとは目から入ってきた光が網膜に画像を映すのですが
それが何なのかを判断するのは脳なんです。

ちなみに小さな子供が不似合いなメガネをかけているのを
見たことがあると思います。

あれは視力が悪い子がそのままでいると脳が見えている画像と脳の知識を
結びつけることができなくなるのを予防する為なんです。

もし、小さい時にメガネをかけずに見えるということを脳が覚えないと
大きくなってからいくらメガネをかけて視力を矯正しても
見える状態にはならないのです。


反対に脳を鍛えることで視力を上げることができます。


その練習方法です。

まずは、見るものを決めます。
できれば意味のある文字がいいです。

少し遠くにあってぎりぎりはっきり見えるぐらいがちょうどよいです。
遠くの看板の文字などがよいですね。

通勤途中の駅のホームで電車を待っている時に
反対側のホームにある看板などがいいです。


それを見ると同時にその文字の意味を考えて下さい。

例えば
「田中病院」などと書いてあったら、その文字を見たらすぐに
「病院とは医者がいて病気の治療に行くところ」などと考えるのです。

要するに見ることと脳を使うことを同時に行います。

これを繰り返すことで目が見て入ってきた画像の情報と
文字の意味がリンクするのです。


見るとすぐに脳が働くようになります。

目の機能である視力は変わらなくても
見える様になるのです。

頭の回転も良くなって頭がすっきりとする効果もあります。
そして、視界もすっきりと一枚カバーが外れたように感じられると思いますよ。

ぜひ試して見て下さい。



| | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.pomun.com/trackback/894368
トラックバック