お探しの情報は?
うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践!
うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践! (JUGEMレビュー »)
日野原 重明,川島 みどり,丸川 征四郎
もうすぐブームになるでしょう
それだけ効果が高いです
今すぐできる体質改善の新常識 (新潮新書)
今すぐできる体質改善の新常識 (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
小山内 博,高木 亜由子
たくさんの経験から導きだされた、新しい健康の方法が色々と紹介されています。
成人病の真実
成人病の真実 (JUGEMレビュー »)
近藤 誠
検査によって作り出される「病気もどき」に惑わされてはいけない。一般人は「成人病、イコール、節制や治療が必要」と思い込んではいないか。
医者に遠慮する患者は長生きできない──医者のかかり方、これだけは知りなさい!
医者に遠慮する患者は長生きできない──医者のかかり方、これだけは知りなさい! (JUGEMレビュー »)
中原 英臣
医者にどうすれば今の状態を分かってもらえるのか
テクニックがいっぱいです
 (JUGEMレビュー »)

現代医療の問題点を鋭く付いて
その対処法を提案しています
<< 健康なのにクスリを飲む不思議な人たち | main | 子供が頭を打った、さーどうする >>
医者の言うことは信用してよいのか?



病院に行って受付をしてさんざん待たされて

やっと先生に会える

今のこの苦しみや不安からやっと解放される
と、思っていたのに

今の苦しみを必死で訴えているのに

「あーじゃーとりあえず採血してレントゲンでも撮りましょうか?」

「〜か?」って何ですか?
私に分かるわけ無いでしょう

「とりあえず」って
後何をするつもりなんですか?

検査の結果をみて

「ん〜今のところ大丈夫じゃないですか」

大丈夫じゃないから
わざわざ仕事を休んでココまで来ているのに

「お薬を出しておきますからしばらくコレで様子を見てください」
大丈夫なのにクスリを出すのか

本当にすべてに つっこみを入れたくなります

でもこれぐらいが普通です
ましな方かもしれません

どうしてこうなるかと言えば
医者もよく分からないのです

患者は医者にかかればすぐに病名が分かって
治療してもらえると信じていますが

それは幻想です

世の中の病気は何万とありその中で病名が付いて
まかりなりにも治療法が有る物なんてほんのわずかです
しかも症状なんて星の数ほど有ります

症状を聞いて病名を決めて治療を出来るのは本当に少ないのです

だから、医者はほとんどまずは対処療法をします
痛いのなら痛み止め
下痢なら下痢止め

それで大丈夫か?
分かりません

すぐに命に関わるような病気は多くの研究がありその対処方法も
かなり出来ています

しかし一般によくある熱が出たとかどこかが痛い程度の症状では
なかなか分からない事も多いのです

医師に期待しすぎてはいけません


| - | 03:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.pomun.com/trackback/70226
トラックバック