お探しの情報は?
うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践!
うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践! (JUGEMレビュー »)
日野原 重明,川島 みどり,丸川 征四郎
もうすぐブームになるでしょう
それだけ効果が高いです
今すぐできる体質改善の新常識 (新潮新書)
今すぐできる体質改善の新常識 (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
小山内 博,高木 亜由子
たくさんの経験から導きだされた、新しい健康の方法が色々と紹介されています。
成人病の真実
成人病の真実 (JUGEMレビュー »)
近藤 誠
検査によって作り出される「病気もどき」に惑わされてはいけない。一般人は「成人病、イコール、節制や治療が必要」と思い込んではいないか。
医者に遠慮する患者は長生きできない──医者のかかり方、これだけは知りなさい!
医者に遠慮する患者は長生きできない──医者のかかり方、これだけは知りなさい! (JUGEMレビュー »)
中原 英臣
医者にどうすれば今の状態を分かってもらえるのか
テクニックがいっぱいです
 (JUGEMレビュー »)

現代医療の問題点を鋭く付いて
その対処法を提案しています
<< 紫外線対策は皮膚だけではだめです | main | ほぼ完璧にノドの痛みを和らげる >>
医療テクニックで間違い探しゲームが簡単にできる



間違い探しが簡単にできる方法です

なぜ医療関係のところにこんな記事が有るのでしょう?

実は医療現場で利用されているある事を利用すると

間違い探しが簡単にできてしまうのです

頭の頭蓋骨のエックス線写真はもともと立体であるものを

フィルムという2次元のものに変換しています

元々は3次元の情報が有るのに2次元にする事で情報が少なくなっているのです

それを補う為に考えられたのが
ステレオ写真です

これは例えば頭の写真を
ほんの少し角度を変えたりずらしたりして2枚撮影します

そしてそれを並べてじっと見つめると
頭の中で3次元の映像が浮かび上がるのです

一時期話題になった3D表示の写真や絵本が有りましたが
それと同じ事です
よくわからない模様の中に突然文字が浮かんで見えたりします

二枚の2次元のフィルムから3次元の画像を頭の中で再構成するのです

そうする事で例えば頭の骨にあるヒビが頭の前に有るのか
後ろに有るのかがはっきりとわかるのです

少し前まではこのテクニックは脳外科の医者では必須のテクニックだったのですが最近ではCT検査などの発達で必ずしも必要なくなってきて

出来ない医者も結構います

ところでこの技術は二枚のほんの少しだけ違う画像を頭の中で再構成するものです

何かと似ていませんか?

そうです間違い探しの二枚の絵に似ているのです
少しだけ違うけれど同じ画像であれば
その違いを利用して立体視できますが

間違いがある画像ではその部分が違和感としてすぐに
見つける事が出来るのです

具体的には二枚の絵の違う場所がチカチカと点滅しているように見えます

交互に見比べる事なくあっとゆうまに間違い部分を見つけ出す事が出来るのです

もちろん医療現場では骨折などの異常を見つける事に利用しています


| その他 | 22:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2019/01/23 10:18 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/05/14 4:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.pomun.com/trackback/648624
トラックバック