お探しの情報は?
うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践!
うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践! (JUGEMレビュー »)
日野原 重明,川島 みどり,丸川 征四郎
もうすぐブームになるでしょう
それだけ効果が高いです
今すぐできる体質改善の新常識 (新潮新書)
今すぐできる体質改善の新常識 (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
小山内 博,高木 亜由子
たくさんの経験から導きだされた、新しい健康の方法が色々と紹介されています。
成人病の真実
成人病の真実 (JUGEMレビュー »)
近藤 誠
検査によって作り出される「病気もどき」に惑わされてはいけない。一般人は「成人病、イコール、節制や治療が必要」と思い込んではいないか。
医者に遠慮する患者は長生きできない──医者のかかり方、これだけは知りなさい!
医者に遠慮する患者は長生きできない──医者のかかり方、これだけは知りなさい! (JUGEMレビュー »)
中原 英臣
医者にどうすれば今の状態を分かってもらえるのか
テクニックがいっぱいです
 (JUGEMレビュー »)

現代医療の問題点を鋭く付いて
その対処法を提案しています
<< 小児科は何歳までが対象でしょうか? | main | ストレッチは体を痛める!その前にやらなければいけないこと >>
肩の痛みを和らげる方法



肩の痛みを和らげる方法

40肩や50肩は肩を動かさないうちに筋力が衰えて肩にムリが掛かるため起こることがあります

特に日常生活では万歳をすることが少ないので
手を挙げる動作が出来なくなることが多いです

物を上に載せようとしたり
つり革につかまろうとしたら痛みがある

それをほっておくとだんだんと何もしなくても痛くなる
痛くて動かさないでいるとますますひどくなる

まずは肩を動かすことが必要です

しかし痛みがひどい時はそれすら出来ないことがあります
そんな時は痛みが出るギリギリまで動かしてそこですこしじっとしています
少し立ったらもう少しだけ動かします
これを少しづつ行うと
最初は痛くて動かない肩が取り敢えず動くようになります

動かしていなかった筋肉を何度も動かしましょう
一度動くと何事もなかったようにスムーズに動くようになることも多いです

でも原因は肩筋力ダウンです

筋力アップを行いましょう
今は痛くなくても普段から行っていれば予防にもなります

負荷を掛けて筋肉を動かせばよいのですが
肩の周りは非常に複雑でたくさんの筋肉があります

ほとんど使われない筋肉もあり よくある筋力アップトレーニングでは
うまく鍛えられません

また使っていないが故にその筋肉は使っている筋肉より弱っていて
同じようにトレーニングをすると逆に痛めてしまいます

また実際に40才ぐらいになると日常生活をするには
柔軟体操ですら過負荷で有るとも言われています

トレーニングを行うには専門家の指導の元に行いましょう

では日常で出来る筋力アップの方法です

まづはここで紹介した方法です
手軽に猫背と二の腕タルタルを直す方法

ねじる運動はほとんどの筋肉を利用して行われるので
様々な筋肉をいっぺんに動かすには最適です

一般のトレーニングでは例えばダンベル運動でも
筋肉を引っ張ったり延ばしたりの運動しかできません

プロが肩を動かす時には腕を引っ張ったり
押したりします

この押す動作がトレーニングでは出来にくいのです

コレを手軽にやる方法です

まず布団かベッドの上で正座をして下さい
出来ない人はうつ伏せに寝て下さい

つぎに両肘を下に付くようにします
肘だけの腕立て伏せの様な状態です

かかる負荷を調節しながら
この状態で肘に体重を掛けると
肩に押し込む負荷を掛けることが出来ます

このままカラダを動かして肩が動くようにして下さい

この動作は肩の筋肉だけでなく広背筋や首のトレーニングにもなります

寝る前にやれば肩の柔軟になり痛みを和らげ予防できます









| | 00:07 | comments(1) | trackbacks(3) |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/04/04 6:13 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.pomun.com/trackback/632543
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/04 12:26 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/05 1:06 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/12 4:00 PM |