お探しの情報は?
うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践!
うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践! (JUGEMレビュー »)
日野原 重明,川島 みどり,丸川 征四郎
もうすぐブームになるでしょう
それだけ効果が高いです
今すぐできる体質改善の新常識
今すぐできる体質改善の新常識 (JUGEMレビュー »)
小山内 博, 高木 亜由子
たくさんの経験から導きだされた、新しい健康の方法が色々と紹介されています。
成人病の真実
成人病の真実 (JUGEMレビュー »)
近藤 誠
検査によって作り出される「病気もどき」に惑わされてはいけない。一般人は「成人病、イコール、節制や治療が必要」と思い込んではいないか。
医者に遠慮する患者は長生きできない──医者のかかり方、これだけは知りなさい!
医者に遠慮する患者は長生きできない──医者のかかり方、これだけは知りなさい! (JUGEMレビュー »)
中原 英臣
医者にどうすれば今の状態を分かってもらえるのか
テクニックがいっぱいです
 (JUGEMレビュー »)

現代医療の問題点を鋭く付いて
その対処法を提案しています
<< 鼻水を止める方法魔法のように | main | タクシーの中はがんになるらしい >>
年始にしなければいけない健康法



あけましておめでとうございます
今年も健康情報を集めます

新年を迎えて健康のためにしなければいけないことは

今年一年の元になるデータを取ることです

できればドックにでも入って全身のデーターを集めればよいのですが

なかなかできないと思うので
まずは体のサイズを記録しましょう

身長はあまり変化をしないのですが病気によっては身長が大きく変わる病気もあります、年に一度ぐらいはちゃんと計りましょう
70歳を過ぎてからホルモンの病気のために身長が伸び続けている人もいます

体重は変化が大きいです
体調によっても大きく変化しますが
健康な状態でも一日の中で結構変動します
ダイエットの元にする体重は時間を決めて計らないと
正確な変化がわかりません

ほかにはどんなことがあるでしょう

目の色や視力:黄疸の判断や老眼の進み具合、病的な視力変化 
そして最近注目をあびている正常圧緑内障は視野欠損でわかることも多いです 眼科に行けば視野欠損を調べる簡易的な図をプリントしたものがあります、手に入れて時々確かめてみるとよいでしょう

舌の色や状態:舌の状態は全身状態を映す鏡でもあります、色や舌苔の状態を把握しておきましょう

全体の皮膚の状態:特に目立つほくろの位置はしっかりと記録してもよいかもしれません ほくろに似た怖い病気があります
老化の状態も皮膚に現れやすく、少しずつの変化は意外と気づきにくいです
シミや老人性のイボも早く手当てすると結構なおります
アンチエイジングを専門にした医療機関ではその分野は驚くほど進んでいます

体脂肪も最近では簡単に計測できるので買わなくても電気屋に置いてあるもので簡単に計れるので時々計ってみてください
ただしいつも同じ機種を使わないと機種別に原理が違うことがあるので結果が大きく変わってしまいます

体重が変わらなくても、筋肉が衰えて代わりに脂肪がついてきているかもしれません

後はおなか周りを計っておきましょう
何時も同じ位置で計れるように目印を決めておきましょう

体の変化はなかなか気づかないことも多くあります
目安になる自分の体のことを年の初めにしっかりと記録して
病的な変化がないかを注意しましょう


| その他 | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.pomun.com/trackback/384262
トラックバック