お探しの情報は?
うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践!
うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践! (JUGEMレビュー »)
日野原 重明,川島 みどり,丸川 征四郎
もうすぐブームになるでしょう
それだけ効果が高いです
今すぐできる体質改善の新常識 (新潮新書)
今すぐできる体質改善の新常識 (新潮新書) (JUGEMレビュー »)
小山内 博,高木 亜由子
たくさんの経験から導きだされた、新しい健康の方法が色々と紹介されています。
成人病の真実
成人病の真実 (JUGEMレビュー »)
近藤 誠
検査によって作り出される「病気もどき」に惑わされてはいけない。一般人は「成人病、イコール、節制や治療が必要」と思い込んではいないか。
医者に遠慮する患者は長生きできない──医者のかかり方、これだけは知りなさい!
医者に遠慮する患者は長生きできない──医者のかかり方、これだけは知りなさい! (JUGEMレビュー »)
中原 英臣
医者にどうすれば今の状態を分かってもらえるのか
テクニックがいっぱいです
 (JUGEMレビュー »)

現代医療の問題点を鋭く付いて
その対処法を提案しています
<< 胃もたれは歯磨きで直るかもしれません | main | キムタクが推薦していたストレッチ方法 >>
季節の変わり目に体調を崩すのはなぜでしょうか?




それは人間の代謝能力が季節の変化についていけないからです

代謝能力つまりは身体の熱を作り出す力が弱いのです
夏場は気温が高いので自分で熱を作り出す必要がありません
だから身体は怠けてしまうのです

秋になって気温が下がってくるとその分熱を作り出さないといけないのですが
夏の怠慢で直ぐにその体制に入れません

特に夏の終わりから秋の始まりの季節は
昼間は暑くて夏のままなのに夜はとたんに気温が下がります

本来ならば秋用に身体も変化しなければいけないのに
昼は夏用、夜は秋用なんて身体は器用ではないのです

もう少し分かり易くすると
必要な熱を全部で10とすると
夏場は自分で作る必要のある熱は3で後の7は自分で作る必要がないのです

秋になって気温が下がると、自分で7作らなければいけません

ところが季節の変わり目では
本当は7作らなければいけないのに5しか作らない(作れない)のです

だから2足りない

この足りない分で身体が冷えてしまい体調を崩してしまいます

ではどうしたらよいのでしょう?
足りない分は何とかしなければいけません

まずは熱を逃がさないことです

昼間は暑いですが夜は寒い、しかも自分で思っている以上に身体にとっては寒いのです

だから絶対に冷やしてはいけません

9月になったら長袖にして下さい
ファッションを先取りして夏の終わりに秋の装いをする事は実はとても健康によいのです

暑かったら脱いで調節して下さい

寒いと感じる前にしっかりと身体を温めないと
身体はついてきません

もうあなたの周りには風邪ひきさんがたくさんいるでしょう
気を付けましょう


| その他 | 02:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.pomun.com/trackback/329319
トラックバック