お探しの情報は?
うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践!
うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践! (JUGEMレビュー »)
日野原 重明,川島 みどり,丸川 征四郎
もうすぐブームになるでしょう
それだけ効果が高いです
今すぐできる体質改善の新常識
今すぐできる体質改善の新常識 (JUGEMレビュー »)
小山内 博, 高木 亜由子
たくさんの経験から導きだされた、新しい健康の方法が色々と紹介されています。
成人病の真実
成人病の真実 (JUGEMレビュー »)
近藤 誠
検査によって作り出される「病気もどき」に惑わされてはいけない。一般人は「成人病、イコール、節制や治療が必要」と思い込んではいないか。
医者に遠慮する患者は長生きできない──医者のかかり方、これだけは知りなさい!
医者に遠慮する患者は長生きできない──医者のかかり方、これだけは知りなさい! (JUGEMレビュー »)
中原 英臣
医者にどうすれば今の状態を分かってもらえるのか
テクニックがいっぱいです
 (JUGEMレビュー »)

現代医療の問題点を鋭く付いて
その対処法を提案しています
5たぶんあなたのシャンプー間違ってますよ



アーさっぱりしました

シャンプーは終わりました
じゃー何が有るのか

ついでに頭のお手入れと
今まで書き損ねたことをちょっと追加します

ではお手入れです
とは言っても何も使いません
様々なお手入れ製品が出ていますがそれらは
好みで使ってください
ここでは商品は何も使わずに行います

寝癖になったことが有りますか?

髪の毛をちゃんと乾かさずに寝てしまったときに
変な形で髪の毛が固まってしまって
ドライヤーでもなかなかうまくまとまりません

最終手段はぬれタオル
それでもだめなら蒸しタオルです
なんと帽子型の蒸しタオル式寝癖直しなんかも売られています
蒸しタオルまですれば何とかなります
急いでいるときはこれしか無いです

しかし少し時間があるときは試してみて下さい

何を?
頭皮のマッサージです

寝癖の状態は髪の毛が固くなっています
髪の毛が固く感じる日や柔らかく感じる日が有りませんか?
これは髪の毛が様々な影響を受けていることの証拠です
中でも頭皮の状態は影響します

頭皮の状態を良い状態に保つと髪の毛も良い状態になるのです

髪の薄い人はマッサージのやり方を知っているでしょう
要は頭皮をいためないようにすることです

指で頭全体をマッサージするときにこすらないようにすることが大事です
指を頭皮に軽く押し当てたらずらさないように頭皮を動かすようにします

全体では上の方に寄せていく感じです

位置を変えるときは少しだけずらしますあくまでも頭皮を傷つけないように
優しくずらします
ずらした場所でまた頭皮を動かしますもみもみしましょう
これを頭のてっぺんまで行います

このマッサージを暇なときに行えば頭皮の血行が良くなり健康な状態に保てます
そしてこれが良い髪を保つのです
寝癖状態のときにこれを行うとそれだけで寝癖が落ち着いてきます

書き忘れ
シャンプーしたらリンスをする人がいます
大抵はしますか?

リンスのやり方ですが
説明書に書いてあります

適量を取って髪にまんべんなくつける
物によってはそのまましばらく置いて
軽く洗い流してください

ポイントだけ書きます

リンスができるだけ地肌につかないようにしてください

リンスはあまり洗い流さないようにするので
地肌についたリンスも洗い流されずにかゆみの原因になります

ついでに流すときは頭をできるだけ下げて
洗い流したリンスが背中につかないようにしましょう
これも背中を荒らす原因になります



| 頭シャンプー | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
4たぶんあなたのシャンプー間違ってますよ



あたまにターバンを巻いたまま
あなたはお風呂から出てきましたね

何をしますか?

体を拭いて髪の毛を乾かしますか?
(体のことは別の機会に書きます)
髪の毛はどうやって乾かしますか

ドライヤーで適当に乾かす?

お風呂の中で拭いたとはいえ
乾燥はしていないのでドライヤーで乾かします

どこから乾かしますか?

どこからって髪の毛からに決まってるじゃない

残念!!

またまた頭皮の地肌からです
ドライヤーの風を地肌を乾かすように当てます

当て方は
立ったまま頭を思い切り前にたらします
この状態でドライヤーの風を髪の間に送り込むようにします

無理に当てることは無く風を送り込むようにするのです
そして反対の手で優しく髪を揺さぶるようにして

中にある暖かいドライヤーからの空気を押し出すようにします
やさしくですよ

できるだけ髪の毛には当てないぐらいでちょうど良いです
地肌が乾いてきたら、つぎに髪の真ん中を乾かすつもりで風を当てます

洗うときとはちょっと違います

なぜなら髪の先の方はほっといてもどんどん乾いていくからです

一番痛みが目立つのは毛先です
これは直ぐに乾燥してしまうことも原因です

毛先はタオルドライで十分です

タオルドライとは
乾いたタオルで髪の毛を挟んで軽く押さえるようにして
水分を取ることです

間違ってもガサガサとこすったり引っ張ったりしてはいけません

地肌はしっかりと乾燥させて髪は乾燥させすぎないように注意してください

散髪や美容院でやっているのはあくまでも営業用です
髪の地肌はとてもデリケートで

かゆいところは有りませんか?
なんて聞いてきてごしごしと洗うのは
そのときは気持ちよくても後から絶対にふけやかゆみの原因になります

気をつけましょう



| 頭シャンプー | 01:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
3多分あなたのシャンプーのやり方間違ってますよ



すすぎが終わったらどうしていますか?

こんなことで、もめたこと無いですか

髪は自然乾燥が良いか?ドライヤーで乾かした方が良いか?

ドライヤーの熱は髪をいためるから自然乾燥の方が良いのでは?

最近のドライヤーは遠赤外線やイオンを発生させて髪を守って
きれいに良くしてくれます

お湯でお皿を洗うと手が荒れるのはどうしてでしょう?
実はお湯でも水でもどんどん乾燥していくのですが
お湯の方が乾燥が早くて量も多く乾燥していきます
だから本来は残ってほしい水分も一緒に奪い取ってしまうのです

水道の水にはご存知カルキが含まれています
これは髪をいためます

さーこれだけそろえば分かりますね

すすいだら、少しでも早く拭いた方が良いのです
できれば乾燥までさせた方が良いのです

でもお風呂に入っているときに乾かすまではできませんね
だからせめてタオルで拭いてターバンのように巻いて乾燥を防いでください

これで髪が傷むことを少しでも押さえられます

まだ続きます


| 頭シャンプー | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
2多分あなたのシャンプー間違ってますよ



前回はシャンプーをしっかりと泡立ててから使いましょうでした

今日は頭を洗う順番です

どこから洗いますか?
地肌か髪かしかないですが

正解は地肌です

理由は地肌はあまり洗ってはいけないからです
洗ってはいけないのになぜ先に洗うのか

正確には洗いすぎてはいけないのです

TV等で毛根の汚れを徹底的に洗わないと養毛剤が効かない
などと宣伝しているので
とことん洗わないといけないと勘違いしている人がいますが

洗いすぎると皮脂が失われてかゆみやふけが多くなります

かさかさ肌がだめなのは頭皮だって一緒です
TVでやっているのは洗った後にこれでもかといろいろ塗りたくるからです

たっぷりの泡で地肌をささっと洗ってください
爪を立てたりこすってはいけません
とにかく地肌をいたわるようにこれが大事です

先に地肌を洗ったら
次に髪を洗います

先に髪を洗うとそのシャンプーが地肌にもついてしまい
結局洗いすぎるのです


髪は先の方から洗ってください
根元の方は地肌を洗ったときにすでに洗われています
だからほとんど洗わなくてよいのです

髪の先を泡で包み込むようにあらいます
髪の毛同士がこすり合わないように

次にすすぎですが
できるだけ流水よりもため洗いが理想です

できなければシャワーのお湯を手のひらにためて
その中で洗うような感じで

流水は思った以上に髪に負担をかけますよ


| 頭シャンプー | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
多分あなたのシャンプーのやり方間違ってますよ



シャンプーのやり方に違いがあるのでしょうか?
たとえ違っても何か影響するのでしょうか?

シャンプーを適量手に取って頭につけて泡立てる
シャンプーの説明にもそう書いてあります

他にやり方が有るのか?

シャンプーの種類がいろいろ有りますが
関係ありません

ボディシャンプーでも同じです

何が間違っているのか?
それは
泡立てる場所です

あなたはシャンプーを手に取って
直ぐに髪の毛につけて泡立てていませんか

これが間違いなのです
石けんは泡が洗浄するのです

泡立てるのは手のひらでしなければいけません

洗顔では十分に泡立てることは常識なのに
シャンプーでは行われていないのです

十分に泡立てていないとシャンプーの原液は
すすぎで落ちないことが有るのです

これが髪や地肌を痛めます
洗浄力を十分に発揮できずに
余分なシャンプーを使うことにもなってしまいます

洗剤は十分に泡立てて使いましょう
髪の艶や頭皮のかゆみもましになりますよ


| 頭シャンプー | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |